温泉神社の北、賽(さい)ノ河原近くにある黒ずんだ輝石安山岩の巨石。
付近には有毒な硫化水素を噴出する硫気孔があり、近づく鳥獣類が死んでしまうことから殺生石と呼ばれ恐れられた。近くには芭蕉、麻生の句碑が立つ。那須高原展望台迄行ける遊歩道がある。

■殺生石の伝説■
中国から逃げてきた九尾の狐が美女に化けて帝の寵愛うけていたが見破られ、毒気を放つ石になり、近づいた小動物を死にいたらしめたのでこの名がついた。後深草天皇のとき,玄翁(げんのう)和尚が杖で石を二つに割り,現れた霊を成仏させたという。


■奥の細道■
是より殺生石に行。館代より馬にて送らる。此口付のおのこ、短冊得させよと乞。やさしき事を望侍るものかなと、野を横に馬牽むけよほとゝぎす 殺生石は温泉の出る山陰にあり。石の毒気いまだほろびず。蜂蝶のたぐひ真砂の色の見えぬほどかさなり死す。



行事
御神火祭 

 
夜8時〜大松明の前で九尾太鼓の演奏が行われます。暗闇に浮き上がる白面金毛九尾の狐に扮した奏者の姿は勇壮です。家内安全、無病息災を祈念するお祭り。
教伝地蔵尊縁日 教伝の供養と法要が行われます。


JR黒磯駅から那須湯本行バス35分終点下車徒歩5分
駐車場 有(無料) 乗用車30台

山和タクシー有限会社
栃木県大田原市野崎2-1-4
TEL→0287-29-3838
FAX→0287-29-1148
ご意見、ご要望がありましたら
E-mail:info@sanwa-taxi.com